1. ホーム
  2. サービス
  3. 管理業務DX

ITソリューション 管理業務DX IT solution

経営リスクやキャッシュフローを
最適化のために管理業務をIT化します。

管理業務DXとは

契約リスクの見える化からキャッシュフローの適正化を行い、
データに基づいた経営手法で、
従来型の勘や経験に基づく経営方針から脱却!

管理業務のIT化をするのは
なぜでしょうか

『手段』が『目的化』してしまうとうまくいかない

日本CFO協会の調査によれば、「感染拡大が始まった2月・3月は約7割の企業でテレワーク勤務を実施した」とのこと。
しかしそのうち43%が「テレワーク実施中に出社する必要が生じた」とのことです。
出社理由として最も多かったのは「請求書や押印手続き、印刷など紙データの処理」でした。

テレワークの準備状況

テレワーク実施中に出社する必要が発生しましたか?

出典:日本CFO協会【緊急アンケート】新型コロナウイルスによる経理財務業務への影響に関する調査

電子化に対する法整備は着実に進んでいる

請求書保存ルールの変更により
電子帳簿保存を推奨

請求書保存ルールが変更になります。
請求書を紙で発行する場合は、今後発行する側についても、保存が必要となります。
それに加えて、紙で保存する場合、訂正や削除履歴などの管理も必要ですが、
電子請求書の場合は不要となります。

請求書を紙で発行する場合の控え保存

現行の消費税法 区分記載請求書等
保存形式
消費税法
インボイス制度
適格請求書等
保存形式
発行者
義務なし
義務あり
受領者
義務あり 対価の額が
3万円未満は除く
義務あり

保村方法における比較

取引先に紙で発行する場合の控え保存としては、
下記の2通りがございます。

書類控え 自社発行の請求書を
データとして保存(4条2項)
スキャン 自社発行の請求書を
紙で出力しスキャナ保存(4条3項)
訂正又は
削除履歴確保
不要
必要
相互関連性
不要
必要
検索機能
  • 取引年月日、その他の日付での検索
  • 日付はその範囲を指定した検索
  • 取引年月日、その他の日付での検索
  • 日付はその範囲を指定した検索
  • 取引金額、その他主要な記録項目での検索
  • 二以上の記録項目を組み合わせの検索

電子契約に求められる要件

クラウドサービスのようなインターネットを用いた電子契約は、税務上の用語で「電子取引」と呼ばれます(電子帳簿保存法2条1項6号)。所得税および法人税を納税する企業が電子取引を行った場合、電磁的記録(その取引のデータ)を保存しておく必要があります(同法10条)。

  • 納税地で7年間データ保存:システム経由でアクセスできればクラウドでも大丈夫
  • 真実性の確保:訂正削除履歴があるか、制限機能があれば大丈夫
  • 関係書類の備付:機能概要・マニュアルがあれば大丈夫
  • 見読性の確保:電子契約内容がいつでも画面で確認できれば大丈夫
  • 検索性の確保:税務調査対象年度など特定期間で絞込できれば大丈夫

IT化で目指すべき姿

管理業務のIT化で目指すべきは、
一貫したデータの流れと自動化

売上が発生する会社では、下記の図のような見積・注文から、
請求・入金、会計処理といった流れは必ず発生するかと思います。
そこで重要なポイントは、『同じ情報は1回入力するだけ!二度打ちをさせない』ことです。
ITを使った自動化をすることで、一貫したデータの流れが実現できます。

目指す業務フロー

営業管理

販売管理システム

見積・請求

クラウド請求書

自動連携

決済

稟議(電子ワークフロー)

入金管理

入金消込

自動連携

仕訳作成

会計システム

自動連携

サービスメニュー

従業員数 オプション
〜 30名 〜 100名 100名超

フェーズ

勤怠管理
経費精算

設定支援
説明会(1回)
定着フロー
左記に加えて
業務設計
説明会(複数)
サービスメニューは
都度ご相談

フローの自動化

システム間データ連携
定型レポート

フェーズ

給与計算
社会保険
人事管理

業務設計
設定支援
説明会

フェーズ

給与計算
社会保険
人事管理

経理処理品質チェック
合理化業務設計
設定支援
説明会

お問い合わせフォーム