事例・ケーススタディ

磊石株式会社さま

財務分析だけでなく、営業や広報まで見ていただけるサービスで当社に適した、営業一人一人の「見える化」を進めていただきました。おかげで、効率的な営業戦略が打ち出せるようになりました。

会社名 磊石株式会社
本社所在地 京都府城陽市中芦原68番地の36
設立 昭和45年4月24日
代表者 西口 功大
従業員数 70名
主な事業内容 石材製品の製造、販売、土木工事の設計、施工、造園事業、各号に附帯関連する一切の業務
ホームページ https://www.raiseki.co.jp/

Q1.なぜ御堂筋税理士法人を選んだのですか。

当社に最も適した方法で、財務・経営分析だけでない総合的なコンサルティングをしていただけるからです。

以前の税理士の方は、最新の経営をとりあえず導入するような方針で、当社に適しているかどうかといったところまでは、みていただけず、あまり結果が出ないまま、違和感を感じていました。そんなとき、当時代表だった小笠原先生のドラッガー入門のセミナーに参加したことがきっかけで、次第に財務から、経営、営業、広報など、当社のあらゆる部分までみてもらうようになりました。従来の税理士の方だと、売り上げに伸び悩んでいても、財務・経営分析などが中心で、営業や広報までアドバイスをいただくことはできませんでした。しかし、御堂筋税理士法人は、それら全てをみていただけるので、そこが決め手でした。

Q2.どんな効果がありましたか。

売り上げが伸びないといった漠然とした課題から、具体的な課題がみえるようになりました。

そもそも、当社には、漠然と売り上げを伸ばす必要があるといった課題はあっても、具体的な改善点がどこであるのか、を判断するのに必要な情報があまりありませんでした。そこで、財務の分析から課題を明らかにするところから始まりました。その結果、当社は、営業1人1人のノウハウや時間の使い方が共有されておらず、いわゆる「見える化」を進めていくことで、かなり効率化できることが分かりました。そして、営業の時間管理や直行・直帰をある程度認めたりといった、営業に関わることまでサポートしていただきました。おかげで今は、営業のキーマンを作るという戦略を打ち出すことができるようになりました。

Q3.御堂筋税理士法人に依頼して、どう思われましたか。

今まで気づいていなかった課題についても発見・改善できたことには、驚きました。

以前は、イベントの告知が集中している地域とそうでない地域で差があったのですが、気が付いていませんでした。しかし、分析していただいたおかげで気づき、改善することができました、これは、当社に合った営業・広報の戦略を必死に考えてくださったからこそだと思います。財務をみることが仕事である税理士の方にここまでみていただけるとは、正直思ってもみませんでした。

Q4.今後の展望や、期待することはありますか。

サポートがなくなったとしても、自立してやっていけるのではないかと期待しています。

やはり、サポートしていただいている期間だけうまくいっていて、いざサポートがなくなった途端に元に戻ってしまっては、どうしようもないですよね。御堂筋税理士法人さんは、ノウハウを自分たちで抱え込むのではなく、ノウハウごと提供していただけるので、その点では今後の展望として、当社が自立してやっていけるようになるのではないかと期待しています。

  • [創業者ブログ]小笠原が日々活動現場で感じた事を大公開!
  • [CEOブログ]クライアントの真の社外取締役でありたい。
  • [スタッフブログ]儲かり続ける会社を支援する当社のスタッフ日記!
  • [税理士.ch]才木 正行
  • 資料ダウンロード
  • メディア掲載
  • 経営に役立つ書籍(経営の参考になる本だけど紹介)
  • 御社の利益を大幅に向上?財務セカンドオピニオン
  • 出版物紹介
御堂筋税理士法人
〒541-0042
大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋三井ビル(odona)4F
TEL 06-6205-8960 / FAX 06-6205-8961
お電話でのお問い合わせ
06-6205-8960
受付時間:平日10:00~18:00 ※土日祝休み
メールでのお問い合わせ
無料相談お問い合わせ
セミナー・講演の依頼